2018年6月11日月曜日

子どもと一緒に遊ぼう!2018年7月1日(日)、第18回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「日本の伝統的な遊び-折り紙で遊ぼう!」

(English follows Japanese)

 

第18回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」   

2018年7月1日(日)に行います。

「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。


今回のテーマは「日本の伝統的な遊び-折り紙で遊ぼう!」

あなたはお子さんと一緒に、どんな遊びをしていますか?
ゲストスピーカーの直美さんが日本の伝統的な遊びや、折り紙を使ったゲームをいろいろ紹介してくれます。
みんなで子どもの時の遊びをシェアしたり、折り紙で遊んだりして楽しみましょう!
また、7月7日の七夕にむけて、短冊に願い事を書いて、笹飾りも作りましょう!
たくさんのご参加をお待ちしています。 

★場所はいつもとは違い、精華町図書館集会室(精華町役場敷地内)です。


日にち:2018年7月1日(日)  

時間: 10:30-11:30 多文化子育てひろば
    11:30-12:30 おしゃべりタイム
     

   ★ぜひおやつやお弁当・飲み物を持ってご参加ください♫

場所:精華町図書館1F集会室 (map)
★今回は場所がいつもと異なります。
祝園駅・新祝園駅から徒歩約5分の役場敷地内の集会所です。
精華町役場の正面玄関があるフロアは本館の2階部分です。
集会室へは、役場正面玄関を入り、1階におりて、一度外に出てください。
集会所の入り口は、本館を出て、斜め右側にあります。
駐車場は精華町役場西側駐車場(無料)をご利用ください。

費用:大人1人 100円
   
★無料 お子様、せいかグローバルネット会員の方


定員:先着50人

申し込み:「いちご一会」申し込みオンラインフォームらお申し込みください。

プログラム:
10:30-10:50 「日本の伝統的な遊び」
10:50-11:20 「折り紙で遊ぼう!」
11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The 18th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, July 1st, 2018.


Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information."


The theme of upcoming playgroup is "Traditional Japanese Fun - Let's play with Origami! "


What do you usually do in your fun time with your child? Guest speaker Naomi-san will introduce us Japanese traditional fun plays for children, and games using origami.

Let's share and talk about your own childhood plays, and play with origami!

Also, for upcoming tanabata on July 7th, let's write your wishes on  tanabata paperstrips and make paper craft decorations for tanabata bamboo!

We are waiting for a lot of participation!


★ The place is different from usual, it is Seika Town Library Gathering Room (within Seika Town Hall premises).


<Time and Date>
Sunday, July 1st, 2018
10:30-11:30 Playgroup Meeting
11:30-12:30 Chatting Time 
Please bring snacks or lunch and drinks.
<Place> 
map
Seika Town Library Gethering Room
Seika-cho Toshokan Shuukai-shitu 
Located on the premises of Seika Town Hall and 5-minute walk from Hosono/Shin-Hosono Station in Seika-cho, Kyoto. 

The Library and the Town Hall are in the same building, which main entrance is on the 2nd floor. But the entrance of the gathering room itself is located outside of the building and is on the 1st floor.  You can find the room on the right side from the 1st floor entrance of the main building. Please use West Parking lot of Seika Town Hall.
<Fee>
100 yen per adult
Free for children and the members of Seika Global Net
<Capacity> 
First 50 people (in order of registration)
<Application>
For registration, please fill out "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
<Programs>
10:30-10:50 Japanese Traditional Fun for Children
10:50-11:20  Let's Play with Origami
11:20-11:30  Greeting time and Story time

2018年5月6日日曜日

急な子どもの病気!どうする??2018年6月3日(日)、第17回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「子どもの病気と健康」

(English follows Japanese)

第17回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「
いちご一会」
2018年6月3日(日)に行います。


「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

今回のテーマは「子どもの病気の受診と健康」

子どもが急な病気!でも病院は閉まってる!
そんなとき、あなたはどうしますか?子どもの病気や受診について、みんなで考えましょう。救急車の呼び方や、多言語医療問診票の使い方も練習します。また、みんなで、子どもの健康づくりについて、情報もシェアしましょう。
たくさんのご参加をお待ちしております。


第17回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」

<日時>
2018年6月3日(日)
10:30-11:30 多文化子育てひろば
11:30-12:30 おしゃべりタイム
ぜひおやつやお弁当・飲み物を持ってきてください。
<場所>
『cafeここらく』 (map)
祝園駅・新祝園駅から徒歩3分。
精華町役場近くの南都銀行とマンションの間のビル1階にあります
駐車場はありませんので、精華町役場西側駐車場をご利用ください。
<参加費>
大人1人 100円 
無料 :お子様、せいかグローバルネット会員の方
<定員>
先着50名
 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム(リンクはこちら)からお申しこみください。
<プログラム>
10:30-10:40 「幸せなら手をたたこう」をいろんなことばでうたおう
10:40-10:50 アイスブレイク・ゲーム
10:50-11:20 お話「子どもの病気の受診のめやす」&情報交換
11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


The 17th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, June 3rd, 2018.


Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information."



The theme of upcoming playgroup is "Children's Sickness and Health"







What will you do when your child is suddenly sick and the hospital is closed? We will think about children's sickness and getting appropriate medical treatment together. We will also practice how to call ambulances and how to fill out multilingual medical questionnaire. Let's share information on children's health as well. We are looking forward to seeing you all!


The 17th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie"


<Time and Date>
Sunday, June 3rd, 2018
10:30-11:30 Playgroup Meeting
11:30-12:30 Chatting Time 
Please bring snacks or lunch and drinks.
<Place>
"Cafe Kokoraku" (map)
3-minute walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho. The Cafe is on the 1st floor of the building between Nanto Bank and a condominium apartment near Seika Town Hall. There is no parking lot at the cafe. Please use West Parking lot of Seika Town Hall.
<Fee>
100 yen per adult
Free for children and the members of Seika Global Net
<Capacity> 
First 50 people (in order of registration)
<Application>
For registration, please fill out "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
<Programs>
10:30-10:40 Sing-along time "If you're happy and you know it" in various languages
10:40-10:50 Ice-break game
10:50-11:20 Talk "Children's Sickness and Receiving Medical Treatment" & discussion
11:20-11:30 Greeting time and Story time 

 

2018年4月26日木曜日

2018/2/4 Multicultural Playgroup Ichigo-Ichie Report

(日本語でのレポートはこちら)
 
The 16th Ichigo Ichie took place on Sunday, April 1st. 43 participants (22 adults and 21 children) from Australia, the U.K., China and Japan had a great time together. We began by singing, "If you’re happy and you know it clap your hands" in four different languages. 





Easter Egg Hunt

As it was Easter Sunday, one of our participants from the U.K., Nicholas, explained the meaning of Easter. It is a Christian festival in spring that celebrates the rebirth of Jesus Christ. Some families go to church on this day and many buy chocolate eggs to hide in the house or garden for the children to find.

We then did an Easter egg hunt. The adults were given Easter eggs (chocolates wrapped inside colorful foil origami paper) and asked to hide them around the room. Then the kids had fun finding them. Everyone enjoyed this game! 





Nursery School and Kindergarten in Japan  

The theme for the day’s presentation was comparing the differences between nursery school (hoikuen) and kindergarten (yochien) in Japan. The presenters were Kazue, Naoko and Masako, all Japanese mums and organizers of Ichigo Ichie. Their presentation explained this topic using Seika Town as an example.

The topics discussed included application requirements, school hours, fees, items to prepare, uniform, daily activities, annual events and friendships with other parents.

One of the biggest differences between nursery school and kindergarten is that kids can enter nursery school from a much younger age (0-5 years) compared with kindergarten (3-5 years).

Another big difference was in school hours. Nursery school has longer weekday hours and can include Saturdays. In comparison, kindergarten has shorter daily hours and has summer, winter and spring vacations. Therefore, families where both parents are working full time tend to enter their child into nursery school whereas those with one parent working usually enter their child into kindergarten.

There are many differences between nursery school and kindergarten and the process of choosing the best option for your child and family can be complicated. Kazue and Naoko’s excellent presentation clearly and simply explained the key points parents need to know. Masako also explained to us about certified childcare centers and gave tips on how to choose the best option, based on her experience. We could learn a lot of useful information! 

See the Link for the details of presentation.

Greetings in Chinese

Tinky from China, taught us some useful greetings in Chinese. “Zao shang hao”(=Good morning). “Ni hao” (=Good afternoon) and “ Wan shang hao ” (Good evening). We also learned “Xie xie” (=Thank you) and “Zai jian” (=Good bye). 


Story Time  

Lastly, we had story time. Meg, from Australia, read the kids an Australian picture book called, “Where is Bear?” (“Kuma wa doko?”) in English, and Japanese mum Naoko, read it in Japanese. The story was about a little boy looking for his teddy bear. The kids enjoyed listening to the story in two languages. 



Upcoming Meeting  

The next Ichigo Ichie is to be held at Cafe Kokoraku on Sunday June 3rd. The theme will be “Children's sickness and seeing a doctor”. We’re looking forward to seeing you at the next Ichigo ichie!



(Reported by Meg. Photos by Jun)

4月1日第16回多文化子育てひろば「いちご一会」開催されました。

(Click this link to read the report in English.)

4月1日(日)、Cafeここらくにて、第16回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。当日は、スタッフを含め43名が参加、そのうち子どもは21名が参加してくれました。出身国の内訳は、中国、オーストラリア、イギリス、日本でした。

<今日の歌:幸せならてをたたこう> 

 まず始めは、「幸せなら手をたたこう」を4か国語(日本語・中国語・韓国語・英語)で歌いました。

<エッグハント> 

4月1日はちょうど「イースターの日」ということで、エッグハントというゲームをしました。

参加者のイギリス出身のニコラスさんによると、イースターの日というのは処刑されたイエスキリストが復活したとされる日で、キリスト教徒にとってすごく大事な日。春のお祭りだそうです。その中の大事なイベントに、チョコの入った卵を色々なところに隠して、それを子どもが探すというゲームがあるそうです。それがエッグハントとのことでした。

そして会場には、既にチョコレートを包んだ折り紙の卵が約30個隠されているとのこと!早速エッグハントの始まりです。みんなで、チョコ卵探しをして、「ない、ない~!あった~!」と子ども達は大喜びで参加して、大人も子どもも楽しみました。

イースターの日とは何となく聞いたことがあったのですが、エッグハントというゲームを通じて知ることができ、勉強になりました。

<日本の保育所と幼稚園> 

次にメインテーマである日本の保育所と幼稚園についての説明がありました。

外国出身のママさんの中で保育所と幼稚園の違いがよくわからないという声が多くあって、今回のテーマになったそうです。 保育所については、現在二人のお子さんが通っておられる須藤さんが、幼稚園については、最近まで二人のお子さんが通われていた山下さんが説明してくれました。

どのような子どもが入れるのか、どれぐらいの時間預かってもらえるのか、お金はどのぐらいかかるのか、いつ申し込むのか、持ち物はどんなものがいるのか、具体的になにをするのか、行事はどんなものがあるのか、ママ友パパ友の付き合いはどれぐらいあるのか等、保育所と幼稚園が対比する形で細かく教えてもらい、非常にわかりやすかったです。持ち物だったり、ママ友パパ友の付き合いだったり、実際施設にいってみないとわからないことを教えていただき、日本人ママも参考になることが多かったと思います。

また、保育所と幼稚園どこにするかどうきめる?というところでは、川端さんが自分の子どもを入れるときにすごく迷った経験をふまえて、どのように施設を決めていったかの経緯のお話もしてくれました。
くわしい内容はこちらのリンクへ。

一通りの説明の後、住んでいる地域に分かれて、子どもが保育園、幼稚園に行っている人はどうしてそこを選んだか、実際はどうか、行っていない人は子どもをどこに行かせたいか、等の情報交換を行いました。行っていない人からは、個別の施設についての質問がでたり、色々なことを知って、余計迷ってしまうという人、また、保育園、幼稚園なんて先のことと思っていたけど、これから考えていくいいきっかけになったとの声もでていました。皆さん興味のあるテーマだったようで、情報交換も盛んにおこなわれていました。

<中国語のあいさつ>

今回は中国出身の丁さんが中国語(標準語)のあいさつを教えてくれました。

おはよう → 早上好(zaoshanghao ザオシャンハオ)

こんにちは→ 你好(Ni hao ニーハオ)

こんばんは→ 晩上好(wan shang hao ワンシャンハオ)

ありがとう→ 谢谢(Xiexie シエイシエイ)

さようなら→再见 (zaijian ザイチエン)

親しい間ではよく、「你好」の代わりに「你吃饭了吗?(ni chi fan le ma?ニーチーファンラマ?)」(ご飯食べた?)と聞くそうです。

<絵本の読み聞かせ>

『Where is bear?』というオーストラリアの絵本を、オーストラリア出身のメグさんが英語で、山下さんが日本語で読んでくれました。日本でも『くまさんどこ?』の題名で翻訳されている絵本です。まず、可愛い絵に引き込まれ・・くまさん、そこそこ、そこにいるよと心の中で叫び、最後には意表をつかれる展開!前に並んだ子ども達もみんな引き込まれている様子で、すごく楽しい絵本でした。
 
プログラム終了後は、お弁当を食べながらのおしゃべりのひとときを楽しみました。

今回は沢山の人がお弁当タイムに参加されていて、幼稚園、保育園の続きの話で盛り上がっていました。一緒にご飯を食べると人との距離がグッと縮まって話やすくなりますよね。いちご一会の中でも素敵な時間だなと思いました。

 

<次回のいちご一会のお知らせ> 

次回のいちご一会は6月3日(日)Cafeここらくにて行います。
テーマは「子どもの病気の受診のめやす」です。皆様のご参加をお待ちしています。

(レポート:まさこさん 写真:じゅんさん)

2018年3月1日木曜日

保育所と幼稚園はどんなところ!?2018年4月1日(日)、第16回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「日本の保育所と幼稚園」

(English follows Japanese)

第16回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「
いちご一会」
2018年4月1日(日)に行います。


「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

今回のテーマは「日本の保育所と幼稚園」

4月から新学期、入園・入学の季節です。
日本の保育所と幼稚園はどんなところ?何がちがう?いつ申しこみしたらいいの?
今後、お子さんをどこに入れるか迷っているパパママも、たくさんいるのではないでしょうか。
今回は精華町を例に、スタッフが保育所と幼稚園がどんなところかご説明します。
また参加者同士で保育所や幼稚園の情報や疑問もシェアしましょう
たくさんのご参加をお待ちしています。


第16回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」

<日時>
2018年4月1日(日)
10:30-11:30 多文化子育てひろば
11:30-12:30 おしゃべりタイム
ぜひおやつやお弁当・飲み物を持ってきてください。
<場所>
『cafeここらく』 (map)
祝園駅・新祝園駅から徒歩3分。
精華町役場近くの南都銀行とマンションの間のビル1階にあります
駐車場はありませんので、精華町役場西側駐車場をご利用ください。
<参加費>
大人1人 100円 
無料 :お子様、せいかグローバルネット会員の方
<定員>
先着50名
 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム(リンクはこちら)からお申しこみください。
<プログラム>
10:30-10:40 「幸せなら手をたたこう」をいろんなことばでうたおう
10:40-10:50 アイスブレイク・ゲーム
10:50-11:20 お話「保育所と幼稚園はどんなところ?」&情報交換
11:20-11:30 あいさつ&えほんのじかん



http://sgnhiroba.blogspot.jp/2018/02/2415.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


The 16th Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie" will be held on Sunday, April 1st, 2018.


Ichigo Ichie" is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information."



The theme of upcoming playgroup is "Nursery School and Kindergarten in Japan"






In Japan the new semester starts in April. You could be one of those many parents who are thinking about whether to bring their children to the nurseries or kindergartens in the near future.

What is the nursery school and kindergarten in Japan? What is the difference between the two? When and how can we apply? This time, our staff will explain the nursery school and kindergarten as an example of Seika Town.

Also, let's share information and doubts about nurseries and kindergartens.
We are looking forward to seeing you!




The 16h Seika Global Network Multicultural Playgroup "Ichigo Ichie"


<Time and Date>
Sunday, April 1st, 2018
10:30-11:30 Playgroup Meeting
11:30-12:30 Chatting Time 
Please bring snacks or lunch and drinks.
<Place>
"Cafe Kokoraku" (map)
3-minute walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho. The Cafe is on the 1st floor of the building between Nanto Bank and a condominium apartment near Seika Town Hall. There is no parking lot at the cafe. Please use West Parking lot of Seika Town Hall.
<Fee>
100 yen per adult
Free for children and the members of Seika Global Net
<Capacity> 
First 50 people (in order of registration)
<Application>
For registration, please fill out "Ichigo Ichie" online application form (Here is the link).
<Programs>
10:30-10:40 Sing-along time "If you're happy and you know it" in various languages
10:40-10:50 Ice-break game
10:50-11:20 Talk "Child birth and Parenting in America" & discussion
11:20-11:30 Greeting time and Story time





http://sgnhiroba.blogspot.jp/2018/02/201824-multicultural-playgroup-ichigo.html









2018年2月25日日曜日

2018/2/4 Multicultural Playgroup Ichigo-Ichie Report

(日本語でのレポートはこちら)

The 15th Ichigo Ichie took place on Sunday, February 4. 43 participants (22 adults and 21 children) from Australia, China, Taiwan, U.K., Malaysia, and Japan had fun together.  We began with singing, "If you are happy and you know it clap your hands" in four different languages.



Saran Wrap Ball Game

We had a fun game, "Saran Wrap Ball Game".  This is played at Christmas party in America.  You wear oven mitts, and unwrap a big ball of saran wrap with several gifts layered throughout the ball.  You get to keep the gift you unwrap along the way.  It was difficult even for adults to unwrap the saran wrap with oven mitts, so both the kids and adults were excited! 



Having and Raising a Baby in Oklahoma, USA

The day's guest speaker, Shoko, made a presentation.  She lived in Oklahoma from 2009 to 2016, and gave birth in 2012.  Through the experience of pregnancy and childbirth there, the biggest difference was “insurance”, she said.  Only necessary care/exams were covered by insurance, and she had no financial treatment for giving birth.  So, the medical cost for pregnancy and delivery she paid was $6000 (approximately 650,000)!

Family members can attend the childbirth in America.  Shoko’s husband was in the room for her C-section, but he fainted…  She requested to keep the umbilical cord, as Japanese people do.  The doctor accepted it, and also asked her if she wanted the placenta! 



She also showed us the baby gifts from her American family and friends.  Since her baby was born in winter, she got eight blankets; some were handmade.  She also got a cake decorated with a small crane (her baby’s name has a word “thuru” meaning a crane in English), a baby tooth box, and a hot dinner to feed a new mother.
 
After 90-day maternity leave, she returned to work.  There was no pressure for taking sick leave at her work.  Also, many parents worked from home while taking sick leave and some brought their kids to their office.  Employers must provide a space for working mother to pump milk, so she pumped milk at work. 

Others, she talked about baby food, daycare, outing with babies and so on, pointing out the difference from those in Japan.  In addition, she wondered if the floor was clean for babies to crawl, because it is not the custom to take off their shoes in America.  Although her family had no shoe rule in their house, she saw people let babies crawl on the floor.
 

Greeting in Korean & Story Time

Yuko, who had lived in South Korea for one year, taught us how to greet in Korean.  “Anneonghaseyo” is used for “Good morning”, “Good afternoon” and “Good evening”.  Also we learned “gomawo” (=”Thank you”), and two expressions for “Good bye”.





Last, we had a story time.  Tinky, from China, read kids a Japanese picture book, “Nezumi-kun no Chokki (“Little Mouse’s Red Vest” in English) in Chinese, and Japanese mom, Mie, read it in Japanese.  The book is popular among Japanese kids.  They enjoyed the story in two languages at that day.



Upcoming Meeting 

Next Ichigo Ichie is to be held at Café Kokoraku on April 1, Sunday.  The theme is “Compare difference between kindergartens (yochien) and nursery schools (hoikuen) in Japan.”  Application requirements, nursery hours, annual events, mom friends, etc.…  There are a lot of differences in many aspects.  See you at next Ichigo ichie!

(Reported by Naoko. Photos by Shinichiro)

2月4日第15回多文化子育てひろば「いちご一会」開催されました。

(Click this link to read the report in English.)

2月4日(日)、Cafeここらくにて、第15回多文化子育てひろば「いちご一会」が開催されました。
当日は、冷たい風が吹き、厳しい寒さの中でしたが、スタッフを含めて43名、内21名は元気一杯の子供達が参加してくれました。出身国の内訳は、オーストラリア、中国、台湾、イギリス、マレーシア、日本でした。


<今日の歌:幸せなら手をたたこう>

まず始めは、「幸せなら手をたたこう」を4か国語(日本語・中国語・韓国語・英語)で歌いました。

<サランラップボールゲーム>
次に4つのグループに分かれて、「サランラップボールゲーム」をしました。アメリカでクリスマスパーティーを盛り上げるのによく行われるゲームだそうです。
お菓子が散りばめられたサランラップの塊(ボール)があって、サランラップを剥きながら中のお菓子を奪い合う?ゲームです。ラップが剥けるのはサイコロ2つでゾロ目が出るまで。今回は、大人と4歳以上の子供はミトン型の鍋つかみを両手に付けて挑戦です!
実際にやってみると、鍋つかみでラップを剥くのはなかなか難しく、ラップの端がなかなか見つけられない。おろおろしている間に隣の人がゾロ目を出してしまい、一枚も剥けずに終了。そんな感じで始めは皆さん手こずっている様子でしたが、一周まわってからはコツを掴んで、お菓子を取るために大人も子供もだんだん白熱していき、大いに盛り上がりました。単にお菓子をもらうよりも数倍楽しいゲームでした。お菓子以外に小さい玩具や景品も入れられるだろうし、色々なパーティーに使えそうですね!

<アメリカの出産と子育て>

次にアメリカ・オクラホマ州で2012年に出産、2016年まで現地で実際に子育てをされていた菰野さんに、アメリカでの出産と子育てについてお話をしていただきました。
出産について
まず、アメリカの医療制度についてにお話がありました。アメリカは医療保険制度がなく、任意で保険に入らなければいけない、日本では不安があれば念のための検査というのができるが、アメリカではできない等々。またアメリカでは保険を使用しても出産一時金などの制度がないため、菰野さんが出産でかかった費用は約60~70万円にもなったとのことでした。
次に妊娠中ですが、アメリカでは妊娠中の食事指導は得になく、体重制限もないそうです。科学的に実証がないからということで、実にアメリカっぽいなと思いました。
また、赤ちゃんの性別がわかるとみんなでお祝いをする「ベイビーシャワー」というパーティーもあるそうで、これも赤ちゃんが産まれてからお祝いをする日本と違いますね。
入院生活は、通常分娩1日、帝王切開でも2日。食事は日本のお祝い膳のようなものはなく、ピザ、ハンバーガー、揚げ物などのごく普通の食事だったそうです。
また親戚だけでなく沢山の友人が病院にお祝いに駆けつけてきてくれたり、出産祝いも現金ではなく、買った物や手作りのプレゼントが多かったそうです。中でも退院した次の日に、家族分のディナーを持ってきてくれた人もいてすごく助かったそうです。アメリカの人達のフレンドリーな感じが伝わってくるお話でした。

子育てについて
次に子育てについてですが、まず始めに赤ちゃんとのお出かけについて話がありました。アメリカでは生まれたばかりの子供をカーシートごと持ち運んで、夫婦二人でレストランで食事をしたりすることもあり、小さい子供を連れ歩くことが自然なことのようです。日本ではあまり見かけない光景で羨ましいですね。日本では赤ちゃんを連れて外食となると、個室で座敷のあるところを必死で探し、オモチャを持って行って泣かせない最善の方法をとって・・それでもまだ周囲に気をつかって・・・て感じでホント疲れます・・。
次に、離乳食についてですが、手作りの離乳食は、鉄やビタミンが不足がちになるからとのことで小児科医からお勧めされなかったとのこと。栄養が計算されている瓶詰めの市販のものがお勧めされるらしです。日本ではできるだけ手作りものを、息抜きに市販のものもうまく使って・・・という感じなのに・・・。随分違いますね。また、乳児に食べさせてもよいとされる食品の月齢も日本とアメリカで違っているらしく、混乱されたそうです。
また、日本では赤ちゃんは綺麗な床の上をハイハイするものと思われていますが、オクラホマでは牧場から帰ってきた靴で家の床の上を歩き、そこを赤ちゃんがハイハイしているのが普通の光景だということ。これには菰野さんもびっくりされたそうです。でもこのようなことを知ると、多少の汚れぐらいおっけい!でやっていけそうな気がしますね(笑)
最後に、仕事復帰についてお話をされました。そもそもアメリカでは産休育休制度がきちんと整備されておらず、菰野さんは、出産の前日まで働いて、有給休暇、無給休暇を使って出産後90日休んで、また復帰されたそうです。でも復帰後の職場は、子供のことでの休みは気兼ねなく取れ、また休んでも家からメールで仕事をしたり、子供を職場へ連れてくる人もいたりと、自由で働きやすい環境だったそうです。また、保育所も労働の有無や住んでいる場所は関係なく、利用したい人は誰でも利用できるとのことでした。
以上のようなお話から、アメリカは子育てについて、職場を含め社会全体がおおらかな国なんだなと感じました。日本は制度面では充実していますが、まだ社会で子供を育てる雰囲気にはなっていないように思います。
まずはママである私達がもっとおおらかに子育てをしていってもよいのではないかと。それが社会全体のおおらかさと繋がり、子供を社会全体で育てていこうという雰囲気にも繋がっていくのではないかと思いました。

◎参加者の出産育児について
3つのグループに分かれて自分の出産育児はどうだったかを話し合い、情報をシェアしました。

<韓国語のあいさつ>

韓国で1年間生活をされていたことがある徳田さんが、韓国語のあいさつを教えてくれました。
朝、昼、夜のあいさつはすべて「アニョハセヨ」で大丈夫とのこと。便利ですね。
また親しい友達の間では、昼、夜に出会うあいさつの代わりに「ご飯食べた?」と聞くのが普通だそうです。面白いですね。
また、さようならは  アンニョンヒ カセヨ(先に行く人に向かって言う)とアンニョンヒ ケセヨ(残っている人に向かって言う)の二つがあることも教えていただきました。

<絵本の読み聞かせ>

「ねずみくんのチョッキ」という絵本を読んでもらいました。お母さんの手作りの赤いチョッキを着て嬉しそうなねずみくん。他の動物たちに着せていくうちに、どんどんチョッキが伸びていって・・・・という日本で有名な絵本ですね。私も大好きです。今回はその中国語版です。中国語に翻訳されて北京で読まれているそうです。何だか嬉しい。中国語版は丁さん、日本語版は松延さんに読んでいただき、バイリンガルでの贅沢で素敵な読み聞かせに子供も大人もすっかり聞き入ってしまいました。



プログラム終了後はお弁当を食べながらのおしゃべりのひとときを楽しみました。

(レポート:まさこさん 写真:しんいちろうさん)

<次回のいちご一会のお知らせ>

次回のいちご一会は4月1日(日)Cafeここらくにて行います。
テーマは「保育所と幼稚園について」です。皆様のご参加をお待ちしています。