2019年6月13日木曜日

ゆかたを着てみよう!2019年7月7日(日)、第24回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「ゆかたの着付け」



(English follows Japanese)

第24回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」2019年7月7日(日)に行います。


「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。


今回のテーマは「ゆかたの着付け」
もうすぐ夏祭りの季節です。
あなたは夏祭りでゆかたを着たことがありますか?自分で着付けができますか?
着物にくわしい淳子さんが、ゆかたの特徴やルール、大人や子どものゆかたなど、いろいろと紹介してくださいます。
みんなでいっしょに着付けも練習してみましょう!
また、当日は七夕!子どもたちは短冊に願い事を書いて、笹飾りも作りましょう。
たくさんのご参加をお待ちしています。

★場所はいつもとは違い、精華町図書館集会室(精華町役場内)です。
★自分のゆかたがある方は、ゆかた、帯、腰ひも、フェイスタオル2枚を持ってきてください。 ゆかたのない人は、こちらでお貸しします。
★えりの開いたTシャツやタンクトップ、ぴったりしたレギンスなどを着てきてください。髪が長い人はアップにしてください。


日にち: 2019年7月7日(日)
時間: 10:30-12:00 多文化子育てひろば
    12:00-12:30 おしゃべりタイム
★ぜひおやつやお弁当・飲み物を持ってご参加ください♫
★着付けに時間がかかるため、ひろばは一時間半を予定しています。

場所:精華町図書館1F集会室 (map)
★今回は場所がいつもと異なります。
祝園駅・新祝園駅から徒歩約5分の精華町役場の1階にあります。
精華町役場の正面玄関があるフロアは本館の2階部分です。
集会室へは、役場正面玄関を入り、1階におりて、一度外に出てください。
集会所の入り口は、本館を出て、斜め右側にあります。
駐車場は精華町役場西側駐車場(無料)をご利用ください。

費用:大人1人 100円
   ★無料 お子様、せいかグローバルネット会員の方

定員:先着50人
申し込み:「いちご一会」申し込みオンラインフォーム(リンクはこちら)からお申し込みください。

プログラム:
10:30-10:45 「ゆかたクイズ」
10:45-11:45 「ゆかたを着てみよう!」
11:45-12:00 七夕かざり作り、写真撮影




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





The 24th Seika Global Network Multicultural Playgroup “ Ichigo Ichie “ will be held on Sunday, July 7th, 2019.



“Ichigo Ichie” is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information. 


The theme of the upcoming playgroup is “Let's wear a Yukata; Japanese clothes for summer
 .” The summer festival season is coming soon.
Have you ever worn Yukata (summer cotton kimono)  at the summer festival? Can you wear it by yourself? Ms. Junko introduces you how to wear it. Let's practice dressing together! In addition, the day is Tanabata (Star Festival)! Let's write a wish on a strip and make a decoration for tanabata bamboo! We hope for many participants to join in.
★The place is different from usual, it is Seika Town Library Gathering Room (within Seika Town Hall  premises) .
★If you have your own yukata please bring the yukata, obi, waist straps and 2 face towels. If you do not have yukata, we will lend you one.

★Please wear an open collar T-shirt, tank top, tight leggings, and more. People with long hair should be up.
<Time and Date>
Sunday, July 7th, 2019
10:30-12:00 Playgroup Meeting
12:00-12:30 Chatting Time
★ Please join us with snacks and lunch boxes and drinks.★Playgroup Meeting is planning for an hour and a half because dressing takes time.

<Place>
Seika Town Library Gathering Room (map)
(Seika-cho Toshokan Shuukai-shitsu)
Located on the premises of Seika Town Hall which it 5minutes' walk from Hosono/Shin-Hosono St in Seika-cho,Kyoto.

The Library and the Town Hall are in the same building, which main entrance is on the 2nd floor. But the entrance of the gatering room itself is located outside of the building and is on the 1st floor. You can find the room on the right side from the 1st floor entrance of the main building.
We recommend the use of the Seika Town Hall west parking lot.

<Fee>
100 yen per adult
Free for children and the members of Seika Global Net.

<Capacity>
First 50 people (in order of registration)

<Application>
For registration, please fill out “Ichigo Ichie” online application form. (Here is the link)

<Program>
10:30-10:45 Quiz
10:45-11:45 Let's wear a Yukata
11:45-12:00 Tanabata decollations Making & taking photos

                                                      previous playgroup




2019年6月7日金曜日

6月2日(日)、第23回多文化子育てひろば「いちご一会」が行われました

19家族、45人(大人29人、子ども16人)の方が参加してくれました。参加者の出身は中国、台湾、デンマーク、ヨルダン、日本でした。


<今日の歌:幸せならてをたたこう>

まず始めは、「幸せなら手をたたこう」を4か国語(日本語・中国語・韓国語・英語)で歌いました。


<地震と防災のお話>


今回は川崎あきさんが防災をテーマにお話ししてくれました。始めに地震○×クイズをしました。
クイズでは地球で起きる地震の5回に1回が日本で起きることや南海トラフ地震が30年以内に起きる確率が80%以上もあることがわかりました。日本は地震が多いことは知っていましたが、想像以上でした。会場からも「えぇ~」と驚きの声があがっていました。

過去の災害で実際に役立ったのが、ポンチョタイプのレインコートだと説明がありました。言われなければ、防災グッズとして準備しないものでなるほどなと感じました。
また、実際に災害を体験したり、被災状況を見たりできる施設の紹介もありました。子どもたちも興味を持つような体験や学習ができるということで、ぜひ行ってみたいと思いました。


<非常用おむつ・三角巾作り>

お話の後は、非常用おむつや三角巾を作る方法を試してみました。非常用おむつは、スーパーの袋とタオルで簡単に作れました。災害時は女性や子どものものが不足するようです。赤ちゃんのオムツはたくさん必要なので、手に入るもので簡単に作れるのはありがたいです。




オムツの作り方
https://www3.nhk.or.jp/news/contents/bousai_tips/cont03.html


三角巾の作り方
https://www3.nhk.or.jp/news/contents/bousai_tips/cont04.html


<防災グループディスカッション>

さらにグループに分かれて、それぞれの家庭でどんな準備をしているかや自分達が住む各自治体のハザードマップを見ながら話し合いました。自治体のハザードマップは、日本語以外のいくつかの言語で記載されていて、海外出身者の方からはありがたいという感想がありました。





<絵本の時間>

最初に川崎さんが、災害について子どもでもわかるような漫画や絵本を紹介してくれました。その中から、『ちきゅうくんのくしゃみ』という絵本を、川崎さんが日本語で、山下さんが英語で読んでくれました。




<プログラム終了後>

終了後、精華町で備蓄されている非常食を試食しました。川崎さんから子どもたちはおいしくないと非常食を食べてくれないと説明がありました。子どもが美味しく食べられるかの視点は、すっかり抜けていていました!味も大切なんですね。子どもたちはアルファ米や缶のパンを美味しいと言って食べていました。またアレルギーに対応したクッキーの紹介などもありました。

食事の後は、精華町のバスで防災ツアーにでかけました。備蓄倉庫や防災要請無線、水害予想水位などを見て回りました。普段何気なく暮らしている中にも、災害のための備えがあることがわかりました。同時に自分たちでも備えておくことの大切さも強く感じました。





<次回のいちご一会のお知らせ>

次回のいちご一会は7月7日(日)、精華町図書館集会室で行います。
テーマは「ゆかたを着てみよう!」です。皆さんのご参加をお待ちしています。
(レポート:かずこさん  写真:しんいちろうさん)

2019年5月16日木曜日

地震にそなえよう!2019年6月2日(日)、第23回多文化子育てひろば「いちご一会」のテーマは「パパママ子ども みんなの防災」

(English follows Japanese)
第23回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」
2019年6月2日(日)に行います。

「いちご一会」は、子育て中の外国人・日本人パパママ同士の交流・情報交換を目的としています。

今回のテーマは「パパママ子ども みんなの防災」
去年の6月、大阪府北部地震があり、関西でいろいろな被害がありました。
早く地震にそなえないと!と思ったパパママも多いのでは?
外国では地震が少ない国も多く、地震に慣れていない人も多いです。
防災について、いろんな情報をシェアしながら、みんなで考えませんか?
「子育てBOSAIステーション」代表の川崎あきさんが、どうやって地震にそなえたらいいのか、教えてくださいます。
緊急の時に役立つ簡単オムツなどもいっしょに作ってみましょう!
非常食の試食や精華町防災バスツアー(備蓄倉庫の見学あり)も行います。たくさんのご参加をお待ちしています。

第23回せいかグローバルネット多文化子育てひろば「いちご一会」<日時>
2019年6月2日(日)
10:30-11:30 多文化子育てひろば
11:30-12:00 非常食試食&おしゃべりタイム
12:00-13:00 精華町防災バスツアー(精華町役場で解散)
※バスツアーでは、精華町のバスに乗って、避難所や 備蓄倉庫、危ない場所などを回ります。時間がある方はぜひご参加ください。
※非常食の試食をしますが、足りない人は軽いランチを持ってきて食べてもOKです。
<場所>
『cafeここらく』 (map)
祝園駅・新祝園駅から徒歩3分。
精華町役場近くの南都銀行とマンションの間のビル1階にあります
駐車場はありませんので、精華町役場西側駐車場をご利用ください。
<参加費>
大人1人 100円 
無料 :お子様、せいかグローバルネット会員の方
<定員>
先着50名
 「いちご一会」申込み用オンラインフォーム(リンクはこちらからお申しこみください。 
<プログラム>
10:30-10:40 「幸せなら手をたたこう」をいろんなことばでうたおう
10:40-11:25 地震と防災のお話、携帯オムツ作り、情報交換
11:25-11:30 えほんのじかん


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
The 23rd Seika Global Network Multicultural Playgroup “ Ichigo Ichie “ will be held on Sunday, June 2nd, 2019.

“Ichigo Ichie” is for foreign and Japanese parents to make new friends and exchange information.

The theme of the upcoming playgroup is “disaster prevention for family”
We had much damage in last June; 2018 due to Osaka earthquake.
Did you feel that you must prepare for the earthquake as soon as possible?
Many foreign countries have few earthquakes, and many people are not used to them.
Why doesn’t everyone think about disaster prevention and share the information?
Ms. Aki Kawasaki, a representative of Kosodate BOSAI Station, will tell you how to prepare for the earthquake.
Let’s make portable diapers that will be useful in an emergency.
We also do emergency food tasting and Seika Town disaster prevention bus tour.
We hope for many participants to join in.

The 23rd Seika Global Network Multicultural Playgroup “ Ichigo Ichie “
<Time and Date>
Sunday, June 2nd, 2019
10:30-11:30 Playgroup Meeting
11:30-12:00 Tasting an emergency food & Chatting Time
12:00-13:00 bus tour in Seika Town (finish at the Seika Town Hall)
We will take a bus tour around shelters, storage warehouses and dangerous places. If you have enough time, please join us.
You can try emergency food, but you can bring a light meal if you need.

<Place>
“Café Kokoraku” (
map) 3 minutes’ walk from Hosono /Shin Hosono St in Seika Town.
The café is on the 1st floor of the building between Nanto bank and a condominium apartment near Seika Town Hall.
There is no parking lot at the café.
We recommend the use of the Seika Town Hall west parking lot
<Fee>
100 yen per adult
Free for children and the members of Seika Global Net.
<Capacity>
First 50 people (in order of registration)
<Application>
For registration, please fill out “Ichigo Ichie” online application form. (
Here is the link
)
<Program>

10:30-10:40 Sing-along time ” If you happy and you know it ” in various languages

10:40-11:25 Talking an earthquake and disaster prevention, making portable diapers, and exchanging information
11:25-11:30 Story time


2019年4月27日土曜日

The 22nd Ichigo Ichie took place on Saturday, April 7th.

(日本語でのレポートはこちら)

53 participants including 26 adults and 27 kids, from America, the U.K., China, Taiwan and Japan. They enjoyed a lively afternoon together. 



<Easter Egg Hunt>





The theme of the playgroup was “Elementary School in Japan.” In Japan, April is the time where school begins. It is also the time to celebrate Easter for many people around the world. For many, Easter is often celebrated by hiding plastic eggs with treats inside for children to discover. At the beginning of the playgroup the children set out on an Easter egg hunt around the cafe. There was a lot of laughter and squeals of joy as the children discover eggs and enjoyed the treats inside. 


<Elementary School Life> 


After the hunt, everyone settled down to enjoy a Power Point quiz/presentation about Elementary School in Japan by Ms. Kazue Sudo. Everyone was able to learn interesting facts about school not only in Japan but other countries; such as the UK and America. Everyone was able to participate in a fun true or false quiz about school life. Many elementary students were also surprised by some of the answers. For example, in Japan school is only compulsory until the end of Junior High School.   




Following Ms. Sudo’s presentation, Ms. Naoko Yamashita presented about he own son’s experience at a local elementary school. She brought many props to demonstrate items used at school in Japan, such as a randoseru (Japanese leather backpack). Her son also modeled what children typically wear on their way to school. Both of the presentations were extremely helpful for families entering elementary school. 


<Discussion>



After the presentations, everyone broke up into groups and had time to discuss elementary school life together. Some groups spoke about the differences between elementary school in Japan and in other countries, while others had the opportunity to ask questions to experienced parents with children currently in elementary school. It was a great opportunity to ask for advice as well. 


<Spanish Greetings and Story Time>





Next, we were fortunate to practice our Spanish with Nick Dover from the UK. In Japan, it is rare to have the chance to speak Spanish. It was fun to learn new phrases and
practice with friends. After, Nick read “Where`s Spot?” to the children in both English and Japanese. The children all eagerly gathered to listen as Nick read. 

<Cherry Blossom Viewing>




Finally, after the playgroup ended everyone was invited to go view the local cherry blossoms at a park near the cafe. Many families enjoyed their lunch under the trees and fun in the park together.


<Upcoming Meeting> 

The next Ichigo Ichie will be held on Sunday, June 2nd at Cafe Kokoraku. The theme of the upcoming playgroup will be disaster prevention for family. We’re looking forward to seeing you at the next Ichigo ichie!

(Reported by Carly. Photos by Shin-ichiro.)

4月7日(日)第22回多文化子育てひろば「いちご一会」が行われました

(Click this link to read the report in English.)

4月7日(日)、cafeここらくで、第22回多文化子育てひろば「いちご一会」が行われました。当日は、53人(大人26人、子供27人)の方が参加してくれました。
参加者の出身国は、アメリカ、イギリス、台湾、中国、日本でした。



<今日の歌:幸せならてをたたこう>
まず始めは、「幸せなら手をたたこう」を4か国語(日本語・中国語・韓国語・英語)で歌いました。


<エッグハント>



4月は多くの国でイエス・キリストの復活をお祝いするイースター(復活祭)が行われます。そこでイースターのゲーム、エッグハントをして遊びました。スタートの掛け声と同時に、子供たちは、会場のあちこちに隠された卵を見つけ出しました。卵の中からお菓子を取り出し、子供たちは大喜び!会場は一気に盛り上がりました。



<日本の小学校>


今回は、4月から娘さんが小学校1年生になる須藤和恵さんと息子さんが小学校2年生になる山下直子さんが日本の小学校について紹介してくれました。


まず須藤和恵さんが、義務教育の期間や小学校での活動についてクイズを出してくれました。小学校のしくみは国によって異なっているので、解答がわかれました。みんな大きくマルやバツを掲げて楽しんでいました。フランスの昼食時間は、2時間以上と聞いて驚きました。お昼ご飯は、家に帰って食べるそうです。




続けて山下直子さんが、より詳しい学校生活について教えてくれました。実際に息子さんが通学姿をみせてくれたほか、給食の人気メニューや宿題、必要となってくる費用、授業内容、PTA活動など、精華台小学校を例に具体的に説明してくれました。給食の人気メニューは、からあげやカレーなど定番のメニューがランクインしていました。給食のメニューが身体測定の結果や栄養計算などをもとに考えられていることもわかりました。給食って、ありがたいですね!災害などのときは携帯電話に連絡が自動で来るほか、宿題に親の協力が必要なものが多くある点などは昔とはちょっと違うところです。子どもたちが教室やトイレを掃除することや、子どもだけで集団登下校するシステムは海外ではめずらしいようです。山下さんのお話で、小学校生活が具体的にイメージできました。





次に、グループに分かれて小学生がいる先輩ママに小学校生活について話を聞いてみました。ひとクラスの人数や、成績評価の方法、学区についてなどが話題に上がりました。
これから子どもが小学校に行くママたちは、小学校での生活について詳しく知ることができました。また日本以外の国の学校についての話も聞くことができて、驚きもありました。


<スペイン語のあいさつ>



今回はイギリス出身のニコラス・ドーバーさんにスペイン語のあいさつを教えてもらいました。 スペイン語は世界で中国語に次いで話す人の多い言葉で、アメリカにもスペイン語しか話すことができない人が多く住んでいるそうです。ニコラスさんはアメリカに住んでいた時にスペイン語を覚えたということでした。


こんにちは(Hi)→ Hola(おら)
おはよう →buenos dias(ぶえのす でぃあす)
こんにちは →buenas tardes(ぶえなす たるです)
こんばんは →buenas noches(ぶえなす のーちぇす)
ありがとう →Gracias(ぐらしあす)
すみません(Excuse me)→perdon(ぺるどん)
さようなら →Adios(あでぃおす)
ごめんなさい →Lo siento(ろしえんと)


<絵本の時間>



続いてニコラスさんが『Who’s There, Spot?』という絵本を英語と日本語で読んでくれました。Spot(コロちゃん)はイギリスでは定番の人気キャラクターで、子どもたちに人気があるそうです。たくさんの動物が出てくるかわいい物語に、子供たちは引き込まれていました。


<プログラム終了後>



その日はちょうど桜が満開でした。プログラム終了後は、近くの公園で桜を見ながらお弁当を食べ、おしゃべりのひとときを過ごしました。公園には遊具もたくさんあり、子どもたちは滑り台を何度もすべったり、アスレチックによじのぼったり、思い思いに楽しんでいました。


<次回のいちご一会のお知らせ>

次回のいちご一会は6月2日(日)cafeここらくにて行います。
テーマは「パパママの防災」です。皆様のご参加をお待ちしています。
(レポート:かずこさん 写真:しんいちろうさん)